喪中はがきの印刷を手軽に済ませたいなら | ネットスクウェアに注文 Top > 愛知県で喪中はがきの印刷を注文したいなら > 碧南市で喪中はがきの印刷を注文したいなら

碧南市で喪中はがきの印刷を注文したいなら

愛知県碧南市で喪中はがきの印刷を手軽に済ませたいなら、ネットスクウェアの利用がオススメです。

喪中はがきの大量注文なら





毎年自宅のパソコンで作成した年賀状を送っています。

我が家は夫婦二人暮らしで子供がいませんが、 年賀状に夫婦のみの写真を入れるのが照れくさいので、イラストと文字のみの年賀状にしています。

同世代の友人は、小さい子供がいる人が多いので、 家族写真や子供だけで写っている写真を年賀状に入れてくる場合が多いです。

独身の友人や子供がいない御夫婦、お子さんがすでに大きくなられた御夫婦の方でも、一人で写っている写真や御夫婦のみの写真を入れてくる方私が年賀状を送っているのは、友人と親族のみもいます。

年賀状のみのお付き合いになってしまっている方も多いので、友人たちの子供の成長ぶりが見れたり、みなさんの近況が分かり、写真を見る事は毎年楽しみです。

私が年賀状を送っているのは、友人と親族のみですが、干支のイラストを入れる事に特にこだわりはありません。

自宅で年賀状を印刷し始めて、かれこれ15年になりますが、私は年賀状の印刷ソフトを購入したことはありません。

理由としては、パソコンを購入した際に、年賀状の印刷ソフトがプリインストールされていたことや、最近は郵便局が無料で印刷素材や住所印刷をするソフトを提供し始めたため、年賀状のソフトを買う必要はありませんでした。

我が家の場合、その郵便局のソフトが思った以上に良いものでしたので、ここ3年はそのソフトを利用しています。

素材も毎年の干支に合わせて変わりますし、宛名の住所も以前のデータを引き継いでくれますので、大変便利です。

これから来年の年賀状の写真選びが始まりまり、忙しくなりますが、毎年良いものを作りたいため、必死です。

結婚前はメールで新年の挨拶をしていましたが、結婚を機に年賀状の作成をするようになりました。

主人は仕事でほとんど家にいないので年賀状の作業は私の作業になります。

子供が生まれてからはなかなか手がとられ大変になりました。

例えば年賀状の宛名を印刷するために印刷機にかけると、出てくるのを待っていて引っ張られ、昼寝の時に印刷すると音で目覚めたり、結局諦めて夜な夜な手書きした年もあります。

年賀状は毎年どこで印刷するのがお得に印刷できるか比較します。アプリで注文できるものもありますし、店頭に早く持っていけば早割をしていたり、書き損じはがきの下取り値引きをしてくれるお店などもあり、少しでも安く可愛く印刷できるものを選ぶように心がけています。

喪中はがきの大量注文なら







昨年も家族の年賀状は、わたしがパソコンでデザインして家のプリンターで印刷しました。

パソコンを買ったときから入っているソフトを利用しています。

たくさんのイラストや背景、縁取りなどが入っていて、作るのが楽しいですただ、毎年作っていると、どうしても同じようなデザインになってしまうのが悩みです。

干支のイラストも似たようなテイストが多く、毎回、四苦八苦しています。

ネットから無料でダウンロードできるイラストを使ったりしますが、そのイラストを探すのも時間がかかるので面倒に感じるときがあります。

自宅で自由に作れて良いなと思っているのですが、デザインがワンパターンになってしまいがちです。

また、プリンターで印刷をするときインク切れになっていることもあり、準備を忘れることができません。

今は本屋で買ってダウンロードしてます。

クリスマスケーキやおせち料理のチラシが入る季節になり、そろそろ年末年始を意識するようになった。

忘れずに年賀状を用意しておかなきゃ。

以前は全て手書きでやっており大仕事になっていたが、年々それが億劫になってきた。

なので、最近では本屋さんで年賀状用の素材集(CD-ROM)を買い、その中から送る人に合わせて図柄を選び自宅で印刷するようになった。

地元を離れて暮らしているので、幼なじみや学生時代の友達など、なかなか会えずに年賀状を送り合うだけになっている人が多い。

絵柄は印刷で済ましているが、送る友人の顔を思い浮かべながら自筆で一言添える。お互いに子育ては大変だよね…と思いながら。

宛名も自分で書いている。メールで済ませることが多い今、自分のクセ字が少し懐かしい。

今年もこのスタイルでいくつもりだ。

喪中はがきの大量注文なら

このページの先頭へ